【秋華賞】マジックキャッスル 無敗3冠阻止へ!“魔法の末脚”でシンデレラストーリー期待

[ 2020年10月14日 05:30 ]

秋華賞でシンデレラストーリーを描きたいマジックキャッスル
Photo By スポニチ

 秋G1シーズンの新企画「G1テーマパーク」。2回目の今回は牝馬3冠最終戦「第25回秋華賞」。注目は史上初の無敗牝馬3冠が懸かるデアリングタクトだが、ライバル勢も白旗を揚げるわけにはいかない。「良血」をテーマに絞り出したのは東の伏兵マジックキャッスル(国枝)。秋華賞と相性抜群のディープインパクト産駒&国枝栄師(65)のタッグでラスト1冠に挑む。 

 某夢の国に入場して真っ先に目に入るのが大きくそびえ立つシンデレラ城。テーマパークのシンボル。大きくて、きれいで、見るだけでもわくわくする。さあ秋華賞。無敗牝馬3冠制覇に今からどきどきのファンも多いと思うが、ライバル勢も指をくわえて見ているわけではない。関東の良血が静かに主役の座を狙う。

 その名はマジックキャッスル(魔法の城)。アパパネ、アーモンドアイを育てた美浦トレセンの“シンデレラ城”こと国枝厩舎のプリンセスだ。父はディープインパクト。産駒は秋華賞で4勝、2着4回。14~16年は3連勝。初出走の11年以降、毎年産駒を送り込み、連対しなかったのは11、17年の2回のみ。まるで魔法のような強さを誇る。母ソーマジックは3冠皆勤で桜花賞3着の実績馬。秋華賞は7着に終わったが着差は0秒4。本番で覚醒する素質が眠っている可能性は十分だ。

 武器は末脚。鞍上のステッキが入れば魔法にかけられたように加速する。重馬場の桜花賞を除き、上がり600メートルは常にメンバー3位以内。5着のオークス、4着の紫苑Sと近2走は直線で前が窮屈になるシーンも。特に指揮官が残念がるのはオークス。直線残り400メートルすぎ。進路を探し、急に内へ切れ込んだデアリングタクトにはじき飛ばされる形になった。国枝師は「椅子取りゲームに負けた。勝ち馬の位置を取り切っていれば結果は変わっていたかも…」と振り返る。

 国枝師はアパパネ、アーモンドアイと2頭の3冠牝馬を育てた名トレーナー。ゆえに3冠を狙うデアリングタクトの強さは十二分に認める。特に評価するのは桜花賞。「重馬場であの脚を使えるのは凄い。マジックも同じような位置にいたが、ノメって全く走れなかった」。好走の前提条件として真っ先に良馬場を挙げた。「あとはうまく立ち回ってスムーズなレースをしてほしいよね」

 逆転は?の問いには「正直言えば厳しいよ」。本音を口にした上で「まあ、競馬だから。やってみないと分からないこともある」と笑った。ピンクカメオ(07年NHKマイルC=17番人気V)など伏兵で大観衆をアッと言わせてきた実績もある。1勝馬が3冠阻止!?なら、まさに「シンデレラストーリー」。荒唐無稽なシナリオも“国枝マジック”ならと期待せずにはいられない。(特別取材班)

 ≪“代役”大野が導く≫マジックキャッスルは主戦の浜中が騎乗停止のため、鞍上は大野に替わる。16年目34歳の巧腕にとっては、14年スプリンターズS(スノードラゴン)、16年チャンピオンズC(サウンドトゥルー)に続く、自身3つ目のJRA・G1タイトルをつかむ大チャンス。1週前追い切りで感触を確かめ、「走りのバランスが良くて、いいバネを持っています」と手応えをつかんでいる。

続きを表示

この記事のフォト

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年10月14日のニュース