【びわこ・ヤングダービー】上田 悔しい3着「来年こそは優勝できるように」

[ 2020年9月23日 05:30 ]

 G1初優出Vに挑んだ1号艇の上田は3着に終わった。コンマ06のトップスタートで先マイを果たしたものの磯部に差されてバック2番手。2Mで起死回生の全速旋回を放ったが、木下の差し逆転も許してしまった。「スタートは途中から全速で行けた。足も問題なかった。敗因は1M。ターンマークを少し外していたし、外への張りも足りなかった。悔しい」。残念そうに振り返ったが、ヤングダービー制覇のチャンスはまだ4年も残っている。「来年こそは優勝できるように頑張ります」と宣言し、レース場を後にした。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2020年9月23日のニュース