【オールカマー】ジェネラーレウーノ 約1年8カ月ぶり復帰戦 矢野師感慨深げ「間に合った」

[ 2020年9月23日 05:30 ]

オールカマーで約1年8カ月ぶりに戦列復帰するジェネラーレウーノ
Photo By スポニチ

 中山日曜メインの「第66回オールカマー」で、ジェネラーレウーノが約1年8カ月ぶりに戦列復帰する。昨年1月のAJC杯(4着)後に右前浅屈腱炎が判明。「重度の症状でしたが、オーナーの辛抱強さと牧場の入念なケアもあって、よく立ち直ったと思う。馬もここまでよく耐えて、強いところを見せてくれた」。矢野師は感慨深げに長い道のりを振り返った。

 8月下旬から調教を再開。脚元への負担を考慮し坂路とプールを併用して乗り込んできた。17日の1週前追いでは坂路でいっぱいに追われ、4F50秒6の好時計をマーク。「ようやく間に合ったという感じだが、今のところは脚元に問題はない。気合も乗っている」と臨戦態勢は整った。中山は京成杯、セントライト記念と重賞2勝を挙げ、皐月賞3着と相性抜群。「久々なので、まずは無事に走ってほしい」。指揮官は祈るような気持ちで送り出す。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2020年9月23日のニュース