【伊勢崎・オートレースグランプリ】黒川京介、ケガから復帰で優出へ集中

[ 2020年8月14日 05:30 ]

優勝戦進出を狙う黒川京介
Photo By スポニチ

 ベスト32一番乗りを果たしたのが川口のホープ黒川だ。3日目5R準々決勝戦Bは0Mオープンの3枠から、いの一番の飛び出し。6枠から食い下がった岩見を尻目に独走態勢を築き、2番手以下を大きく引き離してゴールを駆け抜けた。

 新品クランクを投入して「スタートして伸びた。だいぶ上向き」と胸を張った。昨年、G1初優勝(山陽スピード王決定戦)を飾った33期の出世頭。今年5月の伊勢崎で落車、右肩を脱臼して直前の川口普通開催(6~9日)で長欠から復帰したばかりだった。気掛かりなのはレース勘だったが、いよいよスタートも切れだした。「気持ちで負けないように集中していく」。昨年の浜松オールスター以来2度目のSG優出をつかみ取る。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年8月14日のニュース