高橋義博師、ラストウィーク新潟3鞍出走予定 20日付けで勇退

[ 2020年8月14日 05:30 ]

8月20日で勇退する高橋義博師(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 美浦の高橋義博師(69)が、20日付で勇退する。競馬への出走は今週がラスト。99年の開業から約21年間の調教師生活にピリオドを打つ。来年2月の70歳定年を半年繰り上げての勇退に「いろいろ私の考えと合わないことも増えた。よくここまでやって来られたと思う」と話した。

 10年中山大障害をバシケーンで制しG1初制覇。「最初は飛越が下手で目を覆いたくなるほど。そんな馬がG1を勝ったんだから本当にうれしかった」と振り返る。長髪を後ろで束ねた“ちょんまげ”がトレードマーク。「G1を勝ったら切る」と公言していたことで、バシケーンのV後には「断髪式」も行った。

 勇退後は趣味のムエタイに本腰を入れる。「70歳で試合に出るのが夢。あと高齢者限定のマスターズ陸上にも挑戦したい」と夢は尽きない。最終週は新潟で3頭が出走。ラスト出走となる新潟日曜5R新馬戦のキボウノヒビキは菜七子が騎乗。「何度も乗せていただいて勝つことはできなかった(通算24戦0勝)が感謝しています。最後の競馬で少しでもいい結果が残せたら」と菜七子。思いを胸にレースに臨む。

 ◆高橋 義博(たかはし・よしひろ)1951年(昭26)2月7日生まれ、栃木県出身の69歳。学生時代から牛の育成に携わりアルゼンチンに渡る。現地で厩務員生活をスタート。帰国後の79年に美浦で調教助手となり98年に調教師試験合格。99年開業。JRA通算3948戦132勝。重賞2勝(10年中山大障害=バシケーン、12年弥生賞=コスモオオゾラ)。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年8月14日のニュース