【名古屋・オールスター】梅川、5番手まくりでアルテミス賞制す!「ファンの皆さんには感謝しかない」

[ 2020年8月14日 05:30 ]

アルテミス賞を制した梅川風子
Photo By スポニチ

 9Rで行われたガールズの「アルテミス賞」は梅川風子(29=東京)が5番手まくりで優勝。1番人気に応えた。

 最初の周回は石井―大久保―奥井―鈴木―梅川―梶田―小林。そのままの隊列で打鐘→最終ホームを迎える。

 「本当は2コーナーで仕掛けたかったけど、武雄では同じ展開で大久保さんに負けているので、気持ち早めに仕掛けました」

 この判断が吉と出て、2番手からまくった大久保との踏み合いに勝利。少しでもタイミングが遅かったら、同じ相手に敗戦を繰り返していたかもしれないレースだった。

 「昨年は出場できなくて悔しかったけど、まだまだ足りない、もっと強くなってアピールしないといけないと痛感した。ここに押し上げてくれたファンの皆さんには感謝しかないです」

 梅川は今年7月にナショナルチーム入り。最高の環境下で今後もどんどん力を付けていくだろう。来年はドリームレースでその勇姿を見てみたい。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年8月14日のニュース