【コスモス賞】カランドゥーラ、意欲の格上挑戦 藤沢和師「洋芝も合いそう」

[ 2020年8月14日 05:30 ]

 前走のデビュー戦で2着に終わったカランドゥーラ(牡=藤沢和)が格上挑戦を決めた。祖母がエアグルーヴという良血のモーリス産駒。藤沢和師は「初戦は幾分使うのが早かったかな。テンションが上がったから間を空けたけど、滞在でいい感じだし、洋芝も合いそう」と手応えを口にする。

 藤沢和厩舎は同じく2歳オープンの00年クローバー賞を、未勝利のウインラディウスで制覇。「馬は特別も未勝利も分からないからな」と事もなげに話した。勝てば93年のエイシンセンネン以来、2頭目の未勝利馬による優勝となる。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2020年8月14日のニュース