【函館記念】追ってひと言

[ 2020年7月16日 05:30 ]

 ▼アドマイヤジャスタ(須貝師)ホライゾネットを着けた前走で見せ場。洋芝は合うと思う。

 ▼スズカロング(橋田師)前走は直線でスムーズさを欠いた。格上挑戦だが軽ハンデを生かせれば。

 ▼ナイトオブナイツ(池添兼師)巴賞を好走して疲れがあった昨年と比べると状態はいい。

 ▼ニシノデイジー(勝浦)いい雰囲気。時計もちょうどいい。久しぶりにこの馬に乗せていただけるのはうれしい。

 ▼バイオスパーク(上床助手)暑さが苦手なので涼しい函館の滞在競馬はいい。状態もいい。

 ▼プレシャスブルー(石川)反応も良かったし順調。洋芝の札幌で結果を出しており函館でも楽しみ。

 ▼ベストアプローチ(横山武)巴賞(6着)は長い休養があったが見せ場。叩いて良くなっている。

 ▼マイネルファンロン(丹内)いい時は掛かるくらいの馬だけど、今日は乗りやすかった。

 ▼ミスマンマミーア(寺島師)しっかり動けていた。小回りがどうかだけど洋芝適性はある。

 ▼ランフォザローゼス(藤沢和師)2000メートルに戻して、今後のレース選択につなげたい。

 ▼レイホーロマンス(橋田師)前走は結果的に体が立派だった。少し時計がかかってくれれば。

 ▼レッドサイオン(藤沢和師)前走は行きっぷりがひと息。1回使って変わり身が見込める。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年7月16日のニュース