【中京記念】ノーテック 坂路で躍動ラスト1F12秒1 岩田望も手応え「楽しみ」

[ 2020年7月16日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・栗東=15日】「2位じゃ駄目なんですか?」と言った議員がいたが、やっぱり走るからには1位でしょ。中京記念出走のケイアイノーテックが坂路で躍動。ラスト1F12秒1はロイヤルバローズ、リバティハイツと並ぶ、この日の栗東1位だった。ちなみに4Fは52秒1。初めてコンタクトを取った岩田望も手応えをにじませた。「こんなに時計が出ていると思わなかった。楽に出たし乗りやすかった。レースを見ると瞬発力がある。楽しみはあると思う」

 2走前からチークピーシーズを装着。道中の位置取りに変化が起きた。前走・安田記念の通過順は13→12→7。道中で押し上げながら5着。末一手の取り口から明確に変化した。佐々木助手は言う。「反応が良くなった。まくり気味に行ける感じになり、長く脚を使える。ようやくかみ合ってきた」。2年前のNHKマイルC覇者。その時以来のVゴールが見えてきた。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年7月16日のニュース