【函館記念】トーラスジェミニ 中1週も軽快1F12秒4「反動がない証拠」

[ 2020年7月16日 05:30 ]

<函館記念>函館ウッドコースで単走追い切ったトーラスジェミニ
Photo By スポニチ

 巴賞を逃げ切ったトーラスジェミニは山田(レースは木幡育)を背に函館Wコースで5F68秒7~1F12秒4。中1週でもしっかり脚を伸ばした。山田は「しまい重点で動きも良かった。素軽く、体も締まった感じ」と手応え。堀内助手は「中1週でも強めにやれるのは反動がない証拠。ハンデ(56キロ)は見込まれたが増えたわけではないので。ここもハナに行きたい」と無欲逃走を誓った。05年エリモハリアー以来、同一年の巴賞→函館記念連勝の期待が膨らむ。 函館記念

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2020年7月16日のニュース