【川崎・スパーキングレディーC】ファッショニスタ連覇!手応え十分に直線抜け出し

[ 2020年7月16日 05:30 ]

<川崎>スパーキングレディーC連覇を飾ったファッショニスタ(右)
Photo By スポニチ

 牝馬の交流G3「第24回スパーキングレディーカップ」が15日、川崎競馬場で行われた。単勝1・9倍の圧倒的人気を背負ったファッショニスタが直線2番手から抜け出し優勝、昨年に続くこのレース連覇を飾った。

 好スタートを切ってハナにも行ける態勢だったが、サルサディオーネが外から一気に来て逃げの態勢に入ると、スッと下げて内の2番手を追走。手応え十分にゴーサインを送ったのは3コーナー。直線を向いてサルサディオーネを捉えるとさらに外から追い込んだメイクハッピーを3/4馬身抑えてゴールに飛び込んだ。

 川田は「底力のある馬。気持ち一つで走る気になれば(6歳だが)まだまだやれる」と僚馬の健闘を称えた。安田隆師も「暖かくなるにつれて状態が上がってきた。前走より状態が良かったし連覇できてホッとしている」と笑顔を見せた。今後は休養を挟んで秋(レース未定)から始動することになる。

 ◆ファッショニスタ 父ストリートセンス 母アクアリスト(母の父コロナズクエスト) 牝6歳 栗東・安田隆行厩舎 馬主・ゴドルフィン 生産者・北海道日高町のダーレー・ジャパン・ファーム 戦績21戦7勝(南関東5戦2勝) 総獲得賞金2億249万3000円。

続きを表示

「セントライト記念」特集記事

「ローズS」特集記事

2020年7月16日のニュース