【ラジオNIKKEI賞】パンサラッサ2着確保、矢作師「成長がうかがえた」

[ 2020年7月5日 16:26 ]

<ラジオNIKKEI賞>レースを制したバビット(左端)=撮影・郡司 修
Photo By スポニチ

 7番人気のパンサラッサが2着。勝ち馬には5馬身離されたが、好位で器用に立ち回って連対は確保した。

 騎乗した三浦は「ゲートが決まって位置を取れた。他馬に動いて来られたところでも冷静に対処していた。勝った馬が強かったが、きょうは外枠がこたえた面もある。できればもう少し馬場が渋ってほしかった」と振り返った。矢作師は「逃げ馬が多い中、しっかり走っていて成長がうかがえた。これでオープン入りするので、今後はいろいろ選択肢を増やしていきたい」と健闘を称えた。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年7月5日のニュース