【函館新馬戦】プロトサマニ 鼻差マッチレース制した!団野「実戦型なのでしょう」

[ 2020年7月5日 05:30 ]

函館5Rでゴール前で差し切ったプロトサマニ
Photo By スポニチ

 函館5R新馬戦(芝1200メートル)は内のボイオートスと並ぶように先行した5番人気プロトサマニ(牝=浅野、父ジョーカプチーノ)。最後はマッチレースとなり、外のプロトサマニが鼻差で競り勝った。団野は「(先週までの)Wコースでは動き切れなかったが今週初めて芝コースに入れた時の動きが良かった。実戦型なのでしょう。スタートも良かったし最後もよくしのいでくれた」と称えた。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「オールカマー」特集記事

2020年7月5日のニュース