【英・エクリプスS】ディアドラ大外一気だ!橋田師歓迎「後ろから外を上がってくることになる」

[ 2020年7月5日 05:30 ]

 ニューマーケットで調整している日本のディアドラは現地時間3日、坂路コースで調整を行った。騎乗した込山雄太助手は「レース直前なので疲れが出ないように調整。強いメンバーがそろいましたがディアドラらしいパフォーマンスを見せてくれれば」とコメントした。

 20年の目標を凱旋門賞に掲げ、今年初戦は海外5カ国目となるサウジアラビアに遠征。惜しくも差し届かず2着と敗れたが、6歳となっても自慢の末脚は健在だ。昨夏の英G1ナッソーSを勝ち、以降も欧州の主要G1で何度も上位争いを演じた。日本馬のレベルの高さを証明し続けている。

 ここはエネイブルを筆頭に今まで以上に強敵がそろったが、凱旋門賞に向けて真価が問われる一戦。大外7番ゲートからのスタートに橋田師は「後ろから外を上がってくることになると思うから外枠でいい」と歓迎。大外一気、自慢の末脚を繰り出したい。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年7月5日のニュース