ミシェル 大井初Vで南関全場制覇!ファンに「アイラブユー」

[ 2020年2月25日 05:30 ]

大井初V後、ファンと写真撮影に応じるミシェル
Photo By スポニチ

 地方短期免許で南関参戦中のフランス人女性騎手、ミカエル・ミシェル(24=川崎・山崎裕)は24日、大井で7鞍に騎乗。8Rの5番人気アモローサで逃げ切り、大井31戦目にして同競馬場での初勝利をつかんだ。南関4場全てで白星を挙げ、地方通算は高知1勝を含め14勝。13日の船橋から騎乗機会のあった南関開催では7日間連続V(22日は佐賀未勝利)。

 「物凄く満足です。大井というハードルを乗り越えられた。的場さん(2着)がすぐにハイタッチして、おめでとうと言ってくれました」とミシェル。8Rの口取り写真撮影後には集まったファンに「アイラブユー」と愛嬌(あいきょう)を振りまいた。28日にサウジアラビアで行われる騎手招待競走に参戦するため、今週の大井騎乗は25日まで。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年2月25日のニュース