【阪急杯】クリノガウディー 初の芝1400歓迎

[ 2020年2月25日 05:30 ]

 クリノガウディーも距離短縮が味方となりそうだ。前走・東京新聞杯は内めから鋭く脚を伸ばして3着。丸田助手は「いくらか余裕があったので使った上積みはある」と出来の良さをアピールする。今回は初の芝1400メートルになるが陣営の期待は大きい。「距離が短くなった方が競馬はしやすい。今後のためにも賞金を加算したい」と意気込んだ。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2020年2月25日のニュース