シルクフォーチュン 13歳で死す…ダートで重賞3勝と活躍

[ 2019年12月19日 05:30 ]

 ダート短距離で重賞3勝を挙げたシルクフォーチュン(牡、父ゴールドアリュール)が17日夜、けい養先の北海道・ノーザンホースパークでせん痛のため死んだ。13歳。驚異的な末脚を武器に11年プロキオンS、12年根岸S、12年カペラSと重賞を3勝。12年のフェブラリーSでも2着に食い込むなど、9歳まで息長く活躍した。通算成績46戦8勝。15年に現役引退後はノーザンホースパークで乗馬をしていた。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2019年12月19日のニュース