【大井】2000勝ジョッキー坂井が調教師合格!15日にラスト騎乗

[ 2019年11月15日 05:30 ]

2000勝ジョッキーの坂井英光
Photo By スポニチ

 地方競馬調教師免許試験の新規合格者が14日、NARから発表され、2000勝ジョッキーの坂井英光(44=大井)が合格。12月1日付でTCK調教師となる。騎手引退は30日付だが、レース騎乗は15日の地元大井がラスト(1Rから11Rまでの6鞍に騎乗予定)。24年間の騎手生活にピリオドを打つ。12月2日、大井競馬場で9R終了後に引退式が実施される。

 坂井は95年4月にデビューし、14日現在で地方通算1万9588戦2027勝、中央207戦8勝。07年ニューイヤーC(レッドドラゴン)から19年川崎マイラーズ(キャプテンキング)まで重賞19勝を挙げるなど活躍。12年には名馬フジノウェーブで東京スプリング盃を制した。東京都騎手会の会長も務めている。

 吉報に「ホッとした。めちゃくちゃ勉強したし、合格できて良かった。将来は厩務員を大切にする和のある厩舎をつくっていきたい」と笑顔を見せ、抱負を口にした。厩舎開業時期は未定。大井・藤田厩舎に所属し、研修など開業への準備を重ねることになる。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2019年11月15日のニュース