【ジャパンC・1週前追い】ワグネリアン、スマイルの友道勢2頭ともに順調

[ 2019年11月15日 05:30 ]

<ジャパンC・1週前追い>藤岡康騎手を背に単走で調教を行うワグネリアン(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 5頭出しの友道厩舎は2頭が追い切った。ワグネリアン(牡4)はCWコースでしまい仕掛け、6F82秒5~1F12秒0。友道師は「併せると時計が出るから単走で。中3週でも使えるくらい馬はしっかりしてきた」。主戦の福永が騎乗停止になったが鞍上は未定。ユーキャンスマイル(牡4)はCWコースで3頭併せ。併せた2頭からは遅れたが最後まで追って負荷を掛けた。時計は7F95秒9。「スイッチが入りにくいタイプなので気合を乗せる感じで。使って上向いている」と師は話した。 ジャパンC

続きを表示

この記事のフォト

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年11月15日のニュース