豪州の中條師 藤原英厩舎研修打ち上げ!夢は“同期藤井とJC参戦”

[ 2019年11月15日 05:30 ]

研修を打ち上げた中條師(右)と競馬学校で同期だった藤井
Photo By スポニチ

 オーストラリアの中條(ちゅうじょう)大輝調教師(36)が12日から栗東の藤原英厩舎で研修を行い、14日、研修を打ち上げた。16歳で豪州に渡って現地の競馬学校で学び、その後は調教助手、欧州での乗馬修業を経て15年に調教師免許を取得した。競馬学校では藤井勘一郎(35)と同期だった。

 初めての日本のトレセンは刺激にあふれていたと話す。「練習方法が全く違う。勉強になった」。そして夢も語った。「管理馬でジャパンCに参戦したい。その時は(藤井)勘一郎に騎乗してもらいたい。今年の菊花賞で初めてJRAのG1に騎乗(カリボール18着)したことはうれしかった」

 藤井もエールを送った。「日本の競馬の素晴らしさを広めてほしい。彼はそれができる位置にいる」。固い絆でつながる2人の夢は、いずれかなうはずだ。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年11月15日のニュース