【府中牝馬S】戦い終えて

[ 2019年10月15日 05:30 ]

 ▼3着ラッキーライラック(石橋)返し馬の雰囲気が良かったし、スムーズな競馬をしようと心掛けた。最後は目標にされた分だと思う。

 ▼4着オールフォーラヴ(川田)スムーズに競馬ができたし、馬も全力で走ってくれました。

 ▼5着クロコスミア(戸崎)前回より馬に気持ちが入っていて調子は良かった。次はもう一段階上がってくれれば楽しみ。

 ▼6着ディメンシオン(北村宏)いいポジションで運べたが、道中はスタミナを使いながら追走する感じ。最後は進路もあったけど伸び脚が劣勢だった。

 ▼15着プリモシーン(福永)全く脚を使えなかった。これまでのこの馬から考えると不可解な走り。最後も反応がなかったし、レース直後なのでまだ何とも言えない。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年10月15日のニュース