【梅ちゃん先生 特別編】15日東京11R ディキシーで堅い

[ 2019年10月15日 08:00 ]

 本紙コラムでは6Rのガチコをイチ押ししたが、メイン11Rの白秋Sはディキシーナイトを推奨したい。2番人気に支持された前走・ラジオNIKKEI賞(11着)は不良馬場にのめり競馬にならなかったが、1月のオープン・クロッカスSを差し切り、スプリングSでも3着した実力は1枚上だ。今回はクロッカスSと同じ東京1400メートル戦。休み明けでも入念に乗り込まれて仕上がっているとあれば堅い本命だ。

 ≪東京12R クウェンチの返り咲き≫東京代替競馬はコスモクウェンチで締めくくる。高知で10戦5勝の成績を残して6月にJRA再転入。その初戦となった小回り福島コースで後方から4着まで追い込んだ。父ダノンシャンティ×母の父タニノギムレットの血統にふさわしい強烈な末脚は東京に替わって威力倍増。

続きを表示

「2020 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年10月15日のニュース