【府中牝馬S】2着フロンテア 重賞6度目の銀「凄い切れ味の馬がいた」

[ 2019年10月15日 05:30 ]

<府中牝馬S>2着に終わったフロンテアクイーン(右から2頭目)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 “シルバーコレクター”の9番人気フロンテアクイーンは重賞での2着が実に6度目。重賞2勝目はならなかった。鞍上の津村と国枝師は前日の秋華賞(カレンブーケドール)に続いて2日連続の銀メダル。津村は開口一番、「悔しいです」とひと言。「競馬が上手な馬でレースもうまくいった。道中はラッキーライラックを見る形で進めてかわせたけど…。凄い切れ味の馬がいた」と勝ち馬に脱帽していた。 レース結果

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年10月15日のニュース