マーメイドS覇者サラス 態勢整わず府中牝馬S回避…エ女王杯直行

[ 2019年9月14日 07:47 ]

 6月のマーメイドSで重賞初制覇を飾ったサラス(牝4=西村、父オルフェーヴル)は態勢が整わないため秋初戦に予定していた府中牝馬S(10月14日、東京芝1800メートル)を回避することが決まった。

 前走・マーメイドS後は放牧へ。栗東トレセンに帰厩後、乗り込みを再開したが仕切り直し。エリザベス女王杯(11月10日、京都芝2200メートル)に直行する。西村師は「いったん放牧を挟むことになりました」と説明した。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年9月14日のニュース