【オーバルS】ノブワイルド逃走連覇!完璧1馬身半差

[ 2019年9月13日 05:30 ]

オーバルスプリント連覇を達成した地元浦和のノブワイルド
Photo By スポニチ

 中央交流重賞「第30回オーバルスプリント」(G3)が浦和競馬場で行われ、3番人気ノブワイルドが逃げ切り。昨年に続く同レース連覇を果たした。

 スタートダッシュを決めると、もう影は踏ませない。左海にとって楽に先手を奪えた時点で自分との勝負になっていた。「向正面で自分からハミを取るのは分かっていたし、あとはリズムを崩さず乗るだけ」と腹をくくった。3コーナーでは後続を4、5馬身離したがそれも決してハイペースではなかった。直線も余力十分。後続を1馬身半抑え切ったところがゴールだった。

 「全て馬の力です」。左海はそう振り返ったが、その顔には大仕事をこなした達成感がみなぎっていた。「今後はJBC(11月4日、浦和)に直行します」と小久保師。巻き返しを図る強豪JRA勢を堂々迎え撃つつもりだ。

 ▼2着ワイドファラオ(福永)スタートでトモを滑らせたが、その後、立て直せた。初めてのダートのスタートだったし、それも地方。それでも2着に来たのだから今後が楽しみ。

 ▼3着ヤマニンアンプリメ(岩田康)次(JBC)が本番だから、いい経験になった。外枠もあったし次は巻き返せる。

 ◆ノブワイルド 父ヴァーミリアン 母コウエイベスト(母の父アンバーシャダイ)牡7歳 浦和・小久保智厩舎 馬主・前田亘輝氏 生産者・北海道新ひだか町の城地清満氏 戦績29戦12勝(南関東23戦11勝)総獲得賞金1億1473万8000円。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年9月13日のニュース