【川崎・アーバンナイトカーニバル】山岸がG3・3度目V

[ 2019年8月13日 05:30 ]

優勝し高々と賞金ボードを掲げる山岸
Photo By スポニチ

 川崎G3アーバンナイトカーニバル決勝は12日行われ、山岸佳太(107期)が6月の四日市以来、通算3回目のG3優勝を飾った。

 レースは伊藤―藤木―山岸―五日市―鈴木―大塚―佐藤―片岡―加倉。打鐘で鈴木―大塚―佐藤が前へ出ると、片岡―加倉が仕掛けて踏み合い。その上を最終Hから山岸―五日市で一気に巻き返す。2角8番手からまくった伊藤は五日市のけん制で不発。最終コーナーで鈴木が五日市の内から差し脚を伸ばしたが、山岸が力強く押し切った。

 四日市に続くナイターG3連覇。“夜王”の称号も手にした山岸は「僕が駆けることになると思っていたので、気持ちにゆとりを持って走れた。二次予選、準決勝と比べれば踏み出しは甘かったが、その分バックで伸びていった」と白い歯を見せた。オールスター組が不在のシリーズで4日間とも最終バックを奪いレースを支配。自慢の先行力を見せつけたが、現状に満足はしていない。「活躍している同期の(吉田)拓矢や新山(響平)に置いていかれないように。早く追いつきたい」とG1戦線での活躍を今後の目標に掲げた。

 優勝した山岸の次走は9月1~3日の広島F1を予定。2着鈴木裕は19~21日の高松F1、3着五日市誠は22~24日の向日町F1。

 また、9Rのガールズ決勝は内村舞織(21=福岡、112期)が2角2番手から鮮やかにまくって優勝。「3日目に柳原さんを差せなかったので先に仕掛けるしかなかった。最後は無我夢中。これで競輪祭(ガールズグランプリトライアル)出場に近づけたかな」と安どの笑みを浮かべた。内村の次走は23~25日の松阪F2。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「札幌記念」特集記事

2019年8月13日のニュース