【小倉記念】カデナ 完全復活へ万全、古馬の風格備わる

[ 2019年7月30日 05:30 ]

かつてのクラシック候補カデナが復活のノロシを上げる
Photo By スポニチ

 真夏の小倉で復活を誓う。17年皐月賞で3番人気(9着)の支持を集めたカデナが本来の調子を取り戻してきた。前走・巴賞(3着)後は函館記念を目指したが、賞金順の関係で路線変更。早々とサマー2000シリーズ第3戦「小倉記念」(8月4日)に目標を定め栗東に帰厩。江藤厩務員は状態に太鼓判を押す。

 「帰厩後もカイバをしっかり食べていて、疲れも取れてきました。トモもしっかりしてきたし、体もどっしりして古馬の風格が備わってきました。見た目にも問題がなくいい状態です」

 巴賞は最終コーナーで窮屈になる場面はあったが、見せ場を演出。今回につながる好内容だった。

 「前走はいいレースができました。一瞬の切れを生かす方がいいタイプなので小回りコースの方が合っていると思います。持ち時計はあるから、時計勝負になっても問題ない。あとは展開が向いてほしい。最低でも2着に入って賞金を加算してほしいですね」

 江藤厩務員は期待を込める。狙うは17年・弥生賞以来の重賞3勝目。クラシック候補と呼ばれた逸材が復活のノロシを上げる。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2019年7月30日のニュース