【マーメイドS】センテリュオ、気配抜群!高野師「切れている」

[ 2019年6月6日 05:30 ]

<マーメイドS・追い切り>坂路で追いきるセンテリュオ
Photo By 提供写真

 「第24回マーメイドS」(9日、阪神)で重賞初制覇を狙うセンテリュオが栗東坂路で追い切られ、4F54秒0~1F12秒3。軽快な脚取りで馬なりのまま鋭く伸びた。時計以上に気配は抜群。高野師は「やればしっかり動く馬ですが、今週は整える程度の調整。走る気を見せて体は切れています」と状態の良さをアピールした。

 前走・下鴨Sは上がり3F32秒8の剛脚で快勝。4戦ぶりのコンビ復活となる北村友は「オンとオフの切り替えがかみ合うようになって力を付けています」と期待を寄せる。昨年ローズS(7着)以来2度目の重賞挑戦。師は「ローズSはまだ力不足だった。今は付いてほしいところに肉が付いてきたし、精神面もしっかりとしてきました」と手応えを口にした。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「オールカマー」特集記事

2019年6月6日のニュース