【エプソムC】ミッキースワロー、叩いて上がり目十分

[ 2019年6月6日 05:30 ]

<エプソムC・追い切り>プリモスペード(奥)と併せ追い切るミッキースワロー(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 ミッキースワローは菊沢師を背にWコースへ。10馬身先行させたプリモスペード(3歳未勝利)を目標に徐々に差を詰めると、残り50メートルで内から並び同時フィニッシュ。「しまいだけ意識して、動きは良かった。メリハリがついて弾んでいる」。上々の手応えに指揮官の言葉も歯切れよく弾んだ。「前走(新潟大賞典2着)は重量や枠を考えれば力があるところは見せてくれた。中間に短期放牧を挟んで全体的に良くなっている」と叩いての上がり目は十分だ。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「オールカマー」特集記事

2019年6月6日のニュース