中川誠一郎 全日本選抜競輪V 意地見せたただ1人の地元・九州勢

[ 2019年2月11日 17:05 ]

中川誠一郎
Photo By スポニチ

 今年初の競輪G1「第34回全日本選抜競輪」決勝戦が11日、別府競輪場で行われ、中川誠一郎(39=熊本)がV。年末の「グランプリ2019」(12月30日、立川)出場権利と優勝賞金2990万円(副賞含む)を獲得した。2着は佐藤慎太郎、3着は吉沢純平。

 中川のG1勝ちは16年日本選手権競輪(静岡)以来2度目。ただ1人九州勢で勝ち上がった中川が地元の意地を見せた。レース後、中川は「観衆の皆さんの“圧”は感じていた。見せ場は作りたいと思ってレースをした。ゴール前は勝ったかどうか分からなかった。うれしいです」と話した。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2019年2月11日のニュース