【午後の狙い馬・東京12R】高速ダートで、フィスキオがエンジン全開

[ 2019年2月11日 12:19 ]

 月曜の東京ダートは朝から良馬場。日曜はやや重で施行されたが、ワンランク回復した。ただ含水率はやや重に近く、走りやすく時計が出やすい状況は続いている。

 東京12Rのフィスキオのダート1600メートルの持ち時計1分35秒4はメンバー中No・1。パサパサに乾いたダートもこなすが、砂の時計勝負を得意にしている。今回で東京ダート1600メートルは6戦連続出走。慣れた舞台で大崩れは考えにくい。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2019年2月11日のニュース