【フェブラリーS】藤田菜七子“新相棒”コパノキッキングと初コンタクト!「乗りやすかった」

[ 2019年2月8日 12:42 ]

<フェブラリーS調教>コパノキッキングに騎乗し、調教を終えた藤田菜七子(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 「第36回フェブラリーS」(17日、東京)でJRA女性騎手初のG1騎乗に挑む藤田菜七子(21)が8日、新パートナーのコパノキッキング(セン4=村山)と初コンタクト。Bコース(ダート)を1周した。「普通キャンターだったが凄くいい馬。乗りやすかった」と好感触を口にした。

 7日に滞在先の小倉から栗東に駆けつけた菜七子。「とても大きなチャンスをもらえたことを本当にうれしく思う。(オーナーの)コパさんと村山先生、そして関係者の皆様に感謝したい。結果を残せるように精いっぱい頑張りたい」と意気込みを語った。

続きを表示

この記事のフォト

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2019年2月8日のニュース