“鉄の女”イクノディクタス死す…92年オールカマーなど重賞4勝

[ 2019年2月8日 05:30 ]

92年オールカマーを制したイクノディクタスと鞍上の村本
Photo By スポニチ

 92年オールカマーなど重賞4勝を挙げたイクノディクタス(牝)が6日、けい養先の北海道・新冠の五丸農場で死んだ。32歳だった。

 現役時は福島信晴厩舎に所属し51戦9勝。6歳となった93年には村本善之とのコンビで14番人気の安田記念で2着(1着ヤマニンゼファー)、8番人気の宝塚記念でも2着(1着メジロマックイーン)に食い込んだ。年を重ねても堅実に走り抜いた姿から“鉄の女”と呼ばれた。92年にはJRA賞の最優秀5歳以上牝馬を受賞。5億3112万4000円を稼ぎ出し、当時の歴代賞金女王となった。繁殖牝馬としては活躍馬を残せず、08年から功労馬となっていた。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2019年2月8日のニュース