【ドバイWCデー】アーモンド、ターフ&シーマCにダブル登録

[ 2019年1月23日 05:30 ]

 JRAは22日、ドバイワールドカップデー(3月30日、メイダン)の各競走に予備登録した日本馬を発表した。昨年の年度代表馬アーモンドアイ(牝4=国枝)はシーマクラシックとターフにダブル登録。昨年エリザベス女王杯優勝馬リスグラシュー(牝5=矢作)はワールドC、ターフ、シーマクラシックの3競走。昨秋の天皇賞馬レイデオロ(牡5=藤沢和)とAJC杯で復活Vを飾ったシャケトラ(牡6=角居)はシーマクラシックに登録。有馬記念を制したブラストワンピース(牡4=大竹)はエントリーしていない。

続きを表示

「AJCC(G2)」特集記事

「東海S」特集記事

2019年1月23日のニュース