【芦屋・チャレンジC】馬場 SG初V!初のGP出場も決めた

[ 2018年11月26日 05:30 ]

第21回チャレンジカップで優勝し、守田俊介(上)に祝福される馬場貴也
Photo By 共同

 SG「第21回チャレンジカップ」は25日、ボートレース芦屋12Rで優勝戦が行われ、1号艇の馬場貴也(34=滋賀)がインからハイパワーで差し迫る峰竜太(33=佐賀)を振り切ってSG初優勝。賞金ランクも39位から一気に9位にアップさせて初のグランプリ(12月19〜24日、住之江)出場も決めた。同時開催のG2「第5回レディースチャレンジカップ」は1号艇の守屋美穂(29=岡山)が逃げて11R優勝戦を制し、特別戦初Vとなった。

 24日の準優勝戦で現行の出力低減機で日本レコード(1分44秒4)を樹立した湖国のスピードスター・馬場がSG初優出で初V。まさに“ジャイアント馬場”と化した。先月の蒲郡ダービーの守田俊介に続いて、京都出身の滋賀支部所属レーサーによるSG制覇だ。

 「1Mは差されたと思ったけど、エンジンに助けられましたね。まさか優勝できるとは思っていなかったので夢みたいです」

 学生時代、びわこボートで憧れの先輩・守田の走りを見てボートレーサーになることを決意。それだけにダービーでのSG2Vには我がことのように喜んだ。

 「間近で優勝するところを見られて、本当にうれし涙が出たくらいでしたよ」

 同支部ながらライバルでもある先輩を素直に称えた涙をボートレースの神様は見ていたかのように、今シリーズの前検日に最高のプレゼントを与えた。グイグイと伸びる44号機が相棒となったのだ。

 「普段は伸びない自分が伸びているんですからね」

 6コースから3着に食い込んだ初日のレースで、舟足に確かなパワーが宿っていることを確認。その後は快進撃を続け、予選トップ通過から一気に頂点へと駆け上がる、まさしくジャイアント馬場らしく“王道”を一直線に歩んだ。

 「これで自分が支部の代表として模範となれるように頑張っていきます」

 元選手会滋賀支部長だった白石桂三さんに「レーサーも社会人。きちんとした態度をとらなあかん」と教えられた滋賀支部は礼儀正しい紳士淑女集団。中でも馬場は群を抜くスマートぶり。故に今年7月には選手会支部長という要職に就いた。これで名実ともに“真のリーダー”に。強くて心優しき真のスーパースターが誕生した。

 「一番ツキがあるのは自分。この勢いでいきたい」

 さあ、初のグランプリの舞台へ。守田と共に滋賀支部による今年の“3冠”獲りに挑む。

 ◆馬場 貴也(ばば・よしや)1984年(昭59)3月26日生まれ、京都府出身の34歳。滋賀支部所属の93期。2003年11月、三国一般競走でデビュー。07年5月地元のびわこタイトル戦で初優勝。通算成績は3849戦1048勝31V(25日現在)。今年7月に選手会滋賀支部長に就任。旋回スピードの速さに定評のある湖国の新リーダーだ。同期に、長田頼宗、中越博紀らがいる。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2018年11月26日のニュース