【ジャパンC】アーモンドで初制覇!米本代表 春は「ドバイ」

[ 2018年11月26日 05:30 ]

<ジャパンカップ>レースを制したアーモンドアイ陣営(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 アーモンドアイの馬主であるシルクレーシングは7度目の挑戦でジャパンC初制覇。米本昌史代表(43)は「時計はちょっと余計だったがこのメンバー相手にあの勝ち方。来年に向けていろんなレースが見える。世界の頂を目指して挑戦したい」と目を輝かせた。今後については「まずは春のドバイがターゲット」と宣言通りに世界進出を予告。「夢を現実にしてくれる楽しみな馬」と笑顔がこぼれた。

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2018年11月26日のニュース