【ジャパンC】シュヴァル 連覇ならず…4角手応え薄く4着

[ 2018年11月26日 05:30 ]

<ジャパンカップ>連覇を狙ったシュヴァルグランは4着(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 史上2頭目の連覇を狙ったシュヴァルグラン。4番手のインから抜け出した昨年と違い、今年は8番手の外から。直線で脚を伸ばすも4着に押し上げるのが精いっぱいだった。「スタートも良かったし、コンディション、道中の集中力も良かった。4角で手応えが怪しくなったが直線に入ったらまた頑張った」とC・デムーロはサバサバした表情で振り返った。友道師も「速い時計でよく走っている」と愛馬の力走を称え、「有馬記念(12月23日、中山)に行きます」とラストランへ向け、力を込めた。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2018年11月26日のニュース