16年全米年度代表馬、カリフォルニアクロームの初子が誕生

[ 2018年1月23日 05:30 ]

 14、16年のエクリプス賞全米年度代表馬で、16年ドバイワールドCを制するなどした後、17年1月に引退し、種牡馬入りしたカリフォルニアクロームの初子が、米ケンタッキー州のカルメットファームで20日に誕生した。母ペイザマンで牡馬。

 カリフォルニアクロームは北米繁殖シーズン終了後、米ケンタッキー州のテイラーメイドファームからチリのスマヤスタッドにシャトルされ南半球繁殖シーズンはチリで種牡馬生活を送っていた。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年1月23日のニュース