【根岸S】ノンコノユメ 砂で追い好転「ウッドとは全然違う」

[ 2018年1月23日 05:30 ]

 ノンコノユメは前走・チャンピオンズC9着。15年11月の武蔵野Sを最後に白星から見放されているが、3歳時に交流G1ジャパンダートダービー優勝の実績がある。先週17日は北Cコース(ダート)で豪快に3馬身先着。加藤征師は「新馬戦(1着)の当週以来、久々にダートで追ったがいい動きだった。Wコースで追うのとは全然違う。これがいい方に出れば」と調教コース変更効果を見込んでいた。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年1月23日のニュース