【阪神大賞典】ワンアンドオンリー、馬なりで同入6F85秒3

[ 2017年3月16日 05:30 ]

武豊騎手が乗り、CWコース併せ馬追い切られたワンアンドオンリー(手前)
Photo By 提供写真

 ワンアンドオンリーは先週に引き続き武豊が手綱を取りCWコースで併せ馬。カレンラストショー(5歳1000万)を相手に6F85秒3〜1F12秒1。僚馬を4馬身追走から馬なりで同入に持ち込んだ。「先週はゴール板すぎまで追ったが今朝は馬なり。息遣いが良く動きは良かった」と鞍上。14年の神戸新聞杯以降、長らく白星から遠ざかっているが「ダービー馬だからね。底力に期待したい」と巻き返しへ力を込めた。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2017年3月16日のニュース