【スプリングS】トリコロールブルー、軽快な脚さばきで85秒7

[ 2017年3月16日 05:30 ]

単走でCWコースを追い切るトリコロールブルー
Photo By スポニチ

 東京のフリージア賞で2勝目を挙げたトリコロールブルーが再東上。最終追い切りはテンションを考慮しCWコースで馬なり仕上げ。軽快な脚さばきで6F85秒7〜1F12秒1を刻んだ。友道師は「1回使ったことで動きが良くなり、素軽くなった。ピッチ走法なので小回りにも対応できると思う」と自信たっぷり。手綱を取るのは日曜メイン6連勝中のM・デムーロ。「勢いある鞍上に期待だね」と笑顔で話していた。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2017年3月16日のニュース