【カペラS】ニシケンモノノフ 久々でも手応え「千二でも勝ち星ある」

[ 2016年12月7日 05:30 ]

 ニシケンモノノフは9月浦和のオーバルスプリント4着後、放牧を挟んでここへ。庄野師は「前走後に少し疲れが出たのでリフレッシュ。1400メートルを中心に使っているが、1200メートルでも勝ち星がある。芝からのスタートも問題ないし、久々も苦にしないので」と手応え。2歳時の交流G2兵庫ジュニアグランプリ以来の重賞Vを視界に入れている。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2016年12月7日のニュース