【東京新馬戦】1番人気ランディングバース 余裕の逃げ切りV

[ 2014年10月20日 05:30 ]

 東京4R(ダート1400メートル)新馬戦は、好スタートで飛び出した1番人気の(外)ランディングバース(牡=加藤征、父オネストマン)が2着シベリアンマッシブに5馬身差をつけ、余裕の逃げ切り勝ち。菱田は「美浦の最終追いに乗せてもらって、特徴はつかんでました。スタートも良く、最後は物見をする余裕。この先が楽しみ」と称賛。加藤征師は「あれだけスタートが速ければ、アドバンテージがあるね」とニッコリ。今後はノーザンファーム天栄(福島)に放牧に出る。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2014年10月20日のニュース