【NHKマイルC】マイネルホウオウ 接戦制し大金星!

[ 2013年5月5日 16:08 ]

NHKマイルCを制したマイネルホウオウの柴田大騎手はウイニングランでスタンドに向かってガッツポーズ

 第18回NHKマイルカップ(G1、芝1600メートル・晴良18頭)は5日、東京競馬場11Rで行われ、柴田大騎手騎乗の10番人気、マイネルホウオウ(牡3=畠山吉厩舎、父スズカフェニックス、母テンザンローズ)が、直線差し切り勝利した。勝ち時計1分32秒7。

 レースはレッドアリオンとゴットフリートがやや出遅れるばらついたスタートから、コパノリチャードがハナを奪い、2番手にガイヤースヴェルト、3番手内にフラムドグロワール、外にエーシントップがつける展開。

 4コーナーまで隊列は変わらず、直線に入ると、逃げ粘るコパノリチャードにガイヤースヴェルトが競り掛けるところに、馬体を併せたマイネルホウオウとインパルスヒーロー、更に内からフラムドグロワールが一斉に追い上げる。各馬横並びの接戦となるも、最後はマイネルホウオウが2着インパルスヒーローを首差制し、優勝した。

 マイネルホウオウに騎乗した柴田大知騎手は平地G1初勝利を飾り、同時に200勝を達成。

 インパルスヒーローから首差の3着にはフラムドグロワールが入った。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2013年5月5日のニュース