×

ベストディール ニューイヤーS回避し放牧、2、3カ月様子見

[ 2013年1月11日 06:00 ]

 13日のニューイヤーSに出走予定だったベストディール(牡4=国枝)は左前肢膝の裏部分に腫れが出たため同レースを回避、10日に宮城県山元トレセンに放牧に出された。国枝師は「無理する状況でもない。2、3カ月は様子を見て、暖かくなってから始動できれば」と話した。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2013年1月11日のニュース