サザンオールスターズが20年ぶりドラマ主題歌 クドカン脚本、小池栄子&仲野太賀主演フジ7月ドラマ

[ 2024年6月23日 09:00 ]

フジテレビ「新宿野戦病院」の主題歌を担当するサザンオールスターズ(右)
Photo By 提供写真

 フジテレビは23日、女優・小池栄子(43)と俳優・仲野太賀(31)がダブル主演し、宮藤官九郎氏(53)が脚本を手掛ける7月期連続ドラマ「新宿野戦病院」(水曜後10・00)の主題歌をサザンオールスターズが担当すると発表した。

 主題歌に決まった新曲「恋のブギウギナイト」は、サザンオールスターズとしては、昨年9月に発表された「Relay~杜の詩」以来、約9カ月振りの新曲となる。

 サザンオールスターズがフジテレビのドラマ主題歌を担当するのは「大奥~第一章~」(2004年・フジテレビ系)の主題歌「愛と欲望の日々」以来、実に20年振り。

 楽曲は、昭和から平成初期に流行したディスコと令和のEDMを融合させたダンスナンバー。懐かしさと新しさ、愉快さと切なさが入り混じるサウンドと、ペーソス溢れる情けない男の心情が描かれた歌詞に、緩急自在の桑田のボーカルが得も言われぬグルーヴと高揚感を生み出している。

 「新宿野戦病院」は宮藤氏が2001年の「ロケット・ボーイ」以来23年ぶりに同局ドラマを手掛け、初の医療ドラマ脚本となる。

 東京・新宿歌舞伎町の小さな病院「聖まごころ病院」が舞台。小池演じる米国籍の元軍医と仲野演じる拝金主義の美容皮膚科医を中心に、ホストやキャバ嬢、ホームレス、トー横キッズ、外国人難民などさまざまなバックボーンを持つ“ワケあり”な登場人物たちが交錯する社会を描く。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月23日のニュース