清川雄司が若手芸人の頂点に 次の目標は海外進出「ゴット・タレントに出たい」

[ 2024年6月23日 23:02 ]

<UNDER 5 AWARD>優勝した清川雄司がシャーレを持つ(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 芸歴5年目以下の若手芸人を対象とした賞レース「UNDER5 AWARD 2024」の決勝が23日、東京・ルミネtheよしもとで行われ、芸歴4年目の清川雄司(23)が参加2001組の頂点に立った。

 9組のファイナリストでは唯一のピン芸人。「めちゃくちゃうれしいです。まさかピンでいけるとは」と驚きを隠さなかった。ファイナルステージでは、ハーモニカを口に入れて演奏し、そのままホッピングを飛びながら縄跳びやけん玉を披露する妙技で笑いと歓声を巻き起こした。

 優勝賞金として100万円が贈呈され「全部自分のもの…それが一番うれしいです」とニヤリ。使い道を聞かれると「劇場で今オセロが流行っていて、僕が今一番強いみたいになっているので。僕に勝った人に100万円あげようかな」と答え会場の笑いを誘った。


 普段は所属する吉本興業が行う海外向けのライブにも出演していると清川。「海外のお客さんの受けがいいので、日本よりも盛り上がるかもしれない」と手応えを語る。今後の目標を問われると「“ゴット・タレント”に出たいですね。海外でも、すごいだけではなくちょっとあほらしい芸をしたい」と海外進出の野望を明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月23日のニュース