ドリカム中村正人 楽曲巡る炎上に「助けることはできない。それが社会。辛い思いをして前に進むがいい」

[ 2024年6月14日 10:37 ]

DREAMS COME TRUEの中村正人
Photo By スポニチ

 人気バンド「DREAMS COME TRUE」の中村正人(65)が14日、自身のX(旧ツイッター)を更新。バンドの楽曲を巡る批判について、意見を述べた。

 中村は「人は誰しも過ちを犯す。或いは、過ちを犯したと判断される。バンドもまたしかり」と投稿。「その音楽で利益/結果を得た組織、評価を上げたものでさえ助けることはできない。それが社会。バンドだからといって特例はない」と、厳しい現実をつづった。

 また「この経験でおおいに学び、おおいに辛い思いをして前に進むがいい。それは何よりも自ら産み落とした楽曲と、その楽曲を愛するひとりひとりのためだ」と、エールも。「音楽を生業とするということは、そういうことだ」と、ミュージシャンとしての格言を伝えた。

 ロックバンド「Mrs. GREEN APPLE」が12日に公開した新曲「コロンブス」のミュージックビデオ(MV)について、所属レコード会社のユニバーサルミュージックが13日「歴史や文化的な背景への理解に欠ける表現が含まれていた」として公開を停止した。MVは、コロンブスなどの歴史上の人物の衣装を身に着けたメンバー3人が、南の島で類人猿を模したキャラクターたちに音楽などを教えるような内容となっている。公開直後から「植民地主義に迎合している」「人種差別をエンタメとして楽しんでいる」といった批判がSNSなどに相次いでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月14日のニュース