大島麻衣 自身が思う本当の“港区女子”は…「おじさんのお金で生きていません」「基本スウェット」

[ 2021年11月25日 12:53 ]

タレントの大島麻衣
Photo By スポニチ

 タレントの大島麻衣(34)が24日深夜放送のテレビ朝日「ネオバズ!!2分59秒」(水曜深夜0・20)に出演。港区女子について熱く語った。

 世間が描く港区女子のイメージについて、大島は「綺麗な女性が肩出しのノースリーブの綺麗な格好をして、高級ホテルの高層階にあるおしゃれなレストランで、おじさまと高級料理を目の前にシャンパンを飲む、こんなイメージだと思います」と予想。しかし、そのイメージはつくられたものだと主張し、「本当の港区女子はどんな人なのか?分かりやすく言えば私です。私のようなタレントやモデルさん、アーティストさんなど多数の芸能人を含むのが本当の港区女子です」と持論を展開した。

 さらに「本当の港区女子はおじさんのお金で生きていません」と主張し、「自分の食べたいものを自分のお金で食べて、自分たちの仲間と楽しくお酒を飲みます」と説明。また、本当の港区女子はカラオケが大好きだといい、「カラオケに行って、SPEEDとかモーニング娘。をバッチバッチに踊るんですよね」と話し、「なので、ドレッシーな格好してたら踊れませんよね?なので基本的に本当の港区女子はスウェット、スキニーパンツ、スニーカーこれが基本です」と自身が思う本当の港区女子について語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年11月25日のニュース