×

「おかえりモネ」最終回 百音&菅波先生“時空を超えた”2年半ぶり再会 朝ドラ史に残る“最強の2人”

[ 2021年10月29日 08:15 ]

連続テレビ小説「おかえりモネ」最終回(第120話)。2年半ぶりに再会した百音(清原果耶)と菅波(坂口健太郎)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の清原果耶(19)がヒロインを務めたNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は29日、最終回(第120話)が放送され、完結した。

 <※以下、ネタバレ有>

 朝ドラ通算104作目。清原とタッグを組んだNHK「透明なゆりかご」などやテレビ東京「きのう何食べた?」などで知られる安達奈緒子氏が手掛けたオリジナル作品。朝ドラ脚本初挑戦となった。タイトルにある「モネ」は主人公・永浦百音(ももね)の愛称。1995年に宮城県気仙沼市に生まれ、森の町・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・百音が気象予報士の資格を取得し、上京。積み重ねた経験や身につけた技術を生かし、故郷の役に立ちたいと奮闘する姿を描いた。

 最終回は、未知(蒔田彩珠)の大学合格を祝うため、東京の明日美(恒松祐里)も帰省し、幼なじみ6人が永浦家に集まる。皆が見守る中、百音(清原)は“あの日”以来、閉じたままだったサックスケースを開ける。そして2020年2月。百音、未知、新次(浅野忠信)たちに見送られ、亮(永瀬廉)は海へ。耕治(内野聖陽)と龍己(藤竜也)も海へ、それぞれの道を歩み始める。そして数年後…という展開。

 百音は亜哉子(鈴木京香)や子どもたちと一緒に浜辺にいる。「風が気持ちいいねぇ。あ、この海風はねぇ、太陽の熱で蒸発した海の水を、山に運ぶのね。で、その山に向かって吹いた風が雲をつくって、雲は山に雨を降らせます。で、その雨が川に流れて、また海に戻っていきます。水もいろんな形になって、ぐるぐる回ってるね」。亜哉子は子どもたちと昼食のため永浦家に戻る。百音が1人、浜辺に残ると、菅波(坂口健太郎)が少しくたびれたように現れた。

 百音「先生!(菅波に駆け寄る)」

 菅波「はぁ。(手を膝につき)あぁ、太陽久しぶりだ」

 百音「大丈夫ですか」

 菅波「あなたと僕は、違う時空で生きてるのか」

 百音「ん?」

 菅波「2年半会ってない」

 百音「私たち、距離も時間も、関係ないですから」

 菅波「やっと会えた(両手を差し出す)」

 百音「あ」

 菅波「え?」

 百音「いいんですか」

 菅波「いいと思いますよ、もう(2人は抱き合う)」

 百音「先生、本当にお疲れさまでした」

 菅波「うん」

 百音「(太陽がまぶしいが)あ」

 菅波「え?」

 百音「雨が降ります」

 菅波「え?こんな天気なのに?」

 百音「子どもたちの声が聞こえたから」

 菅波「じゃあ」

 百音「行きましょう」

 すべてが整うと、雨が降る。2人は手をつなぎ、砂浜を歩く。ラストの視聴者写真投稿コーナー「あなたの身近な観天望気」は「気仙沼 永浦百音さん」。「応援ありがとうございました!」と感謝した。

 第117話(10月26日)、亀島の永浦家を初訪問し、結婚のあいさつを終えた翌2020年1月14日朝、恩師の医師・中村(平山祐介)から「実は、呼吸器専門の医師を出してくれないかと要請がありまして。緊急らしくて。うち(東成大学附属病院)もまだ詳細待ちなんだけど、感染症なら人手が要るから」と急きょ東京に呼び戻された菅波。最終回ラスト2分半になり、ついに再登場。百音と“時空を超えた”2年半ぶりの再会を果たした。

 たとえそれが分からなくても、互いの痛みに寄り添い、時間も距離も超えた関係を築き上げた“菅モネ”。朝ドラ史に残る“最強の2人”が誕生した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「矢沢永吉」特集記事

2021年10月29日のニュース